東京都でストーカー対策は探偵事務所に相談しよう!

20代~40代の日本人女性の5人に1人はストーカー被害の経験があると言われています!

ストーカーに関する警察の統計でも、交際相手、もしくは元交際相手へのストーカーが6割を超えています。
そして、ストーカー加害者の9割が男性です。
元カレ・元夫のストーカーが一番多い。

元交際相手につきまとうストーカーの多くは、交際中に暴力を振るっています。
そのために女性が離れていくケースも多いのですが、一緒にいる場合は身体的な暴力、距離が離れた場合はストーカー行為による精神的な暴力を振るうわけです。

被害者が従順であるというだけでなく、暴力によって、拒絶できないように関係が作り上げられていくのです。
自分の欲求を満たすために暴力を選んでいるという点で、すべての責任は加害者にあります。

ストーカー行為は、どんどんエスカレートしていきます。
深刻な状況に繋がる前に細心の注意を払って調査します。








ストーカーをする男性には「イケメン」が多いんです。

ストーカーをする男性には「イケメン」が多いんです。
話しぶりも一見自信に溢れている。
被害者にも美人が多くて、美男美女のいいカップルに見える。
だから、最初は交際も順調なのですが、そのうち支配や暴力が始まり、被害者が離れていくと、今度はストーカーになってしまう。


警察官の対応だけでは限界があります。

警察が被害を受けた女性からの相談を受けた後に、殺人事件が起きてしまったことも。


今まで不眠になる程、悩まされたり、仕事帰りの夜道が恐ろしかったり、常にびくびくした生活でしたが、これで安心してゆったりとした生活ができます。